ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の高級車部門アウディは、昨年の米国販売が高級車上位6ブランドの中で唯一増加した。トランプ次期米大統領が介入しない限り、アウディはメルセデス・ベンツとレクサス、BMWを追撃し続ける公算が大きい。

  アウディの2016年米国販売は4%増と、メルセデスとレクサス、BMW、キャデラック、アキュラの減少傾向をよそに好調だった。アウディが昨年後半にメキシコに開設したスポーツ型多目的車(SUV)「Q5」の工場は販売増に寄与したものの、トランプ氏から輸入車関税をかけられる恐れのある工場の一つだ。

  米国で販売する高級車メーカーの中でアウディが比較的関税をかけられやすいと見られるのは、メキシコのサンホセチアパ工場が同社にとって北米初の工場だからだ。BMWはサウスカロライナ州の工場に依存しており、メルセデスはアラバマ州に工場を持つ。トヨタ自動車はケンタッキー州とカナダでレクサスを製造している。

  アウディの米国部門のスコット・キオ社長は4日の電話会議で「米国の自動車製造機械が大部分を担っている」と説明。トランプ氏の貿易政策に関する質問に対しては、「比較的安定して操業しているものを台無しにしたいと思う人がいるのかどうかは分からない」とコメントした。

原題:Audi Poised to Narrow U.S. Luxury Sales Gap If Trump Allows (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE