ドイツ銀が不良債権購入のPEに融資検討、借り手負担軽減で-関係者

ドイツ銀行は住宅ローン担保証券(RMBS)販売の調査を決着させる米司法省との合意を果たす手段として、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社やヘッジファンドへの融資の活用を検討している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。