ドイツ銀、110億円支払いで和解-課税逃れ疑惑めぐる米訴訟

ドイツ銀行が複数の資本不足のペーパーカンパニーを使って税逃れをしたとして米当局がマンハッタンの連邦地裁に提訴した訴訟で、同行は9500万ドル(約110億円)を支払うことで和解した。4日の同地裁への提出文書で明らかになった。米当局は2014年12月の訴状で、計1億9000万ドルの支払いを求めていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。