FOMC議事録:緩やかな利上げを支持、成長上振れリスクを議論

更新日時

米連邦準備制度理事会(FRB)が4日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、12月13-14日開催)議事録によると、金融政策当局者らは会合で、今後見込まれる財政刺激策が与える影響を中心に議論。インフレ高進を防ぐためにいずれは利上げペースを速めざるを得なくなる可能性があると、多くの当局者が懸念し始めていることが示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。