ドナルド・トランプ次期米大統領は医療保険制度改革法(オバマケア)の即時撤廃を有権者に約束したが、就任初日あるいは2日目、ましてや2週間後でも撤廃法案の準備が整わない可能性は高い。

  共和党首脳部は4日、上院での採決に早期に持ち込むための手続きを開始する見通しだが、この手続きに数週間かかる可能性がある。

  時に遅々として進まない議会のペースについて、トランプ氏は早い段階で教訓を得ることになりそうだ。両党の支持が必要となり得るインフラ支出など、共和党が一枚岩ではない他の議案にトランプ氏が取り組めば、状況はなお厳しくなることが予想される。

  ペンス次期副大統領は4日の共和党議員との集会で、トランプ氏が大統領就任初日にオバマケアに関して大統領令を発令する計画だと話した。コリンズ下院議員(共和党、ニューヨーク州)が明らかにした。

  トランプ次期大統領は4日朝、ヘルスケア問題に関する共和党の戦略に関して、「保険の範囲は狭く、保険料が巨額に跳ね上がるオバマケアの大失敗が民主党の責任であることを、共和党は留意しなくてはならない」とツイッターに投稿した。

  4日には、オバマ大統領とマイク・ペンス次期副大統領が議会に出向き、それぞれヘルスケア法案に関して議員らと集会を開く。

原題:Trump Bid to Quickly Undo Obamacare Meets Congress’s Pace (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE