米ヘッジファンドのオクジフ・キャピタル・マネジメント・グループは、運用資産は約36億ドル(約4222億円)減少したことを明らかにした。同社最大のマルチ戦略ファンドの運用成績は12月にプラスだった。

  オクジフが4日に当局に届け出た文書によれば、1月1日の時点での運用資産は約335億ドル。2015年末は455億ドルだった。同社子会社は昨年、アフリカでの投資をめぐる贈賄疑惑に関連し有罪を認め、米司法省および米証券取引委員会(SEC)と決着した。

  「OZマスター・ファンド」の資産は12月に0.72%増、2016年のリターンは3.82%だった。「OZアジア・マスター・ファンド」は12月に2.27%減少し、年間リターンはマイナス5.39%。「OZヨーロッパ・マスター・ファンド」は先月に1.61%増加し、昨年全体では3.70%のリターンを稼いだ。  

原題:Och-Ziff Assets Fell $3.6 Billion in December After Settlement(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE