ドイツ銀:金融犯罪対策責任者、就任半年で辞任-採用縮小に不満

更新日時
  • 金融犯罪対策部署、積極的な採用計画を会社側が縮小
  • ヘイズルウッド氏はドイツ銀には残留の見込み

ドイツ銀行で金融犯罪対策・グループマネーロンダリング(資金洗浄)記録担当責任者を務めるピーター・ヘイズルウッド氏は、就任からわずか半年で辞任する。チームの採用計画をめぐり会社側と見解の相違があったことが理由だという。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。