インドでは廃止された高額紙幣が昨年末の期限までにほぼ全て回収された。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、不正資金をあぶり出し汚職を撲滅しようとしたモディ首相には打撃となりそうだ。

  メディアに発言する権利がないことを理由に匿名で語った同関係者によれば、期限である12月30日までに14兆9700億ルピー(約25兆8800億円)相当の紙幣が銀行に持ち込まれた。政府は当初、11月9日に突然打ち出したこの措置で、流通する15兆4000億ルピーのうち約5兆ルピーが回収されないと見込んでいた。

  高い回収率が確認されれば、地方選挙を前に汚職対策で実績を挙げ、支持率を押し上げようとしたモディ首相の思惑は外れたことになる。措置自体は支持を得ていたものの、これが経済成長を損ね、銀行に長蛇の列が生じる混乱を引き起こしたためだ。

  関係者によれば、国内銀は約8兆ルピー相当の新紙幣を既に流通。ただ、回収額は暫定的で、変わり得ると指摘。財務省のマリク報道官は電話に応答せず、携帯電話へのテキストに対する返答も得られていない。

  モディ首相への信頼性は低下したものの、長期の政治・経済的な影響に成果の判断は委ねられる。これまで首相の支持率は高水準を維持しており、新紙幣への交換のため長蛇の列に並ぶ人々の間からも、政策の狙いに理解を示す声が依然聞かれている。

原題:India Said to Get 97% Banned Notes in Setback to Graft Crackdown(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE