英衣料小売のネクストは通期利益見通しを下方修正し、今後一年も厳しいとの見方を示した。これを受けて同社株は急落。クリスマス商戦の業績発表が始まる衣料業界に影響を与えそうだ。

  同社は4日の発表資料で、2017年1月期の税引き前利益を約7億9200万ポンド(約1050億円)と予想。これまでの見通しは約8億500万ポンドだった。18年1月期についても6億8000万ー7億8000万ポンドとし、従来予想の約7億8400万ポンドから引き下げた。

  ネクスト株は一時14%安と、英国が昨年6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択して以来の大きな値下がりを記録した。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、チャールズ・アレン氏は電話で、「ネクストの2017年見通しは業界全体への警鐘だ」とし、「消費者支出は今年圧迫されるとの見方が広がっている」と語った。

原題:Next Deals Blow to U.K. Retailers as Outlook Turns Bleak (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE