国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●大発会の日本株、大幅高で昨年来高値-米中統計と円安受け全業種上げ

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は大幅高し、主要株価指数は昨年来高値を更新した。米国や中国の良好な製造業統計や為替の円安推移が好感され、輸送用機器など輸出株、鉄鋼など素材株、海運株といった景気敏感セクターを中心に、金融セクターなど東証1部33業種は全て高い。

  TOPIXの終値は前日比35.87ポイント(2.4%)高の1554.48と続伸、日経平均株価は479円79銭(2.5%)高の1万9594円16銭と4営業日ぶりに反発。TOPIXは2015年12月17日、日経平均は同7日以来の高値を付けた。

  アムンディ・ジャパンの浜崎優市場経済調査部長は、米経済統計の強さを「あらためてファンダメンタルズ面から買い材料視した。ファンド勢が一段の円安・株高や株高・債券安を見込んだ取引を組み合わせて行っている」と指摘。米国のトランプ新大統領就任前にも、「日経平均は2万円ワンタッチがあってもおかしくない」との見方を示した。

  東証1部33業種は全て上げ、海運、鉄鋼、パルプ・紙、証券・商品先物取引、ガラス・土石製品、非鉄金属、輸送用機器などが上昇率上位。東証1部の売買高は23億7573万株、売買代金は2兆6852億円、代金は12月16日以来の高水準となった。上昇銘柄数は1851、下落は121。

  売買代金上位では三菱UFJフィナンシャル・グループなどメガバンク3行が買われ、トヨタ自動車や富士重工業、ファーストリテイリング、野村ホールディングス、ホンダ、オリックスも上げた。経済産業省が大手電力トップを集め、東京電力との事業再編などを協議する円卓会議の開催を検討すると3日付の毎日新聞が報じた東京電力ホールディングスも高い。半面、東芝や任天堂、リクルートホールディングス、岩井コスモ証券が投資判断を下げた小野薬品工業は軟調。

●長期金利が2週ぶり高水準、株高や入札控えて売り優勢-スティープ化

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。長期金利は約2週間ぶり水準まで上昇した。2017年最初の10年利付国債入札を翌日に控えた売りに加え、国内株式相場の堅調推移が重しとなった。午後は日本銀行の長期国債買い入れオペ結果を受けて超長期ゾーンを中心に安くなり、利回り曲線はスティープ(傾斜)化した。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は、前営業日の終値比横ばいの150円24銭で取引開始。直後から水準を切り下げ、一時は149円98銭まで下落。結局は20銭安の150円04銭で引けた。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の345回債利回りは、日本相互証券が公表した前営業日午後3時時点の参照値より2ベーシスポイント(bp)高い0.06%で始まり、一時は0.07%と昨年12月21日以来の高水準を付けた。

  新発20年物の159回債利回りは3.5bp高い0.605%、新発30年物の53回債利回りは4bp高い0.75%と、ともに昨年12月半ばの水準まで売られた。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「10年債入札を控え、株価もこの勢いとあって、円安・株高の流れが今年も続く中で日本国債は上値が重いという大方の予想通りの展開で始まった。米雇用統計を控えている面もある」と指摘。「10年債入札は0.1%を上回る落札はないというコンセンサスがあるとはいえ、流通利回りが0.05%を下回るのはどうかと思っていたところ、今日調整が入ったので買いやすくなった」と述べた。

●ドル・円が上昇、良好な米経済指標や株高が支え-118円台前後

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場では、ドル・円相場が上昇。前日の米国市場の良好な経済指標や株高を好感したドル買いの流れが続いた。

  ドル・円は午後3時32分現在、前日比0.2%高の1ドル=117円99銭前後。早朝に付けた117円54銭から一時118円19銭まで上昇した後は、もみ合う展開となっている。

  野村証券外国為替部の高松弘一エグゼクティブ・ディレクターは、ドル・円について、「特に材料はないが、昨日の強い米供給管理協会(ISM)や中国購買担当者指数(PMI)を受けたリスクオンの動きを冷やすような材料もなくじり高推移となっている。3月米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中で重要な米雇用統計を前にドルロング(買い建て)を外す人もいない」と指摘。ただ、「118円半ばをアグレッシブに買う向きはまだ出てこない。米雇用統計を受けて高値を買う動きが出てくるかに注目したい」とも述べた。

  ブルームバーグ調査によると、6日発表の12月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は18万人増加が見込まれている。米金利先物動向に基づきブルームバーグが算出した予想確率によると、3月のFOMCでの利上げの可能性は3日時点で34.8%となっている。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.05%低下の1276.94前後。3日には一時1280.78とデータの提供を開始した2004年12月以降で最高水準を記録した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE