中国の首都、北京市は昨年12月にスモッグに覆われていたが、新年も同様の状況となっている。同市以外に61都市が健康に関する警告を発令し、多数の空の便が欠航か出発の遅れを余儀なくされている。同市の大気汚染では12月に、最も深刻な「赤色警報」が発令された。

原題:Smog Returns to Beijing After December’s Red Alert: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE