フィアット・クライスラー、自動運転のEVミニバン試作車を発表

  • CESが開催されるラスベガスで「クライスラー・ポータル」を発表
  • 同社の米国部門はEVや燃費などで後れを取っている

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は3日、自動運転機能を搭載した電気自動車(EV)のミニバン試作車「クライスラー・ポータル」を発表した。ミレニアム世代にも好まれると同社は期待しているが、米国で最も燃費効率が悪い自動車のメーカーという同社のイメージを払拭(ふっしょく)するには十分でないかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。