3日のニューヨーク外国為替市場でドルが上昇。対ユーロで14年ぶり高値に上げた。米国の良好な経済指標がドル高を支えた。

  米製造業景況指数が2年ぶりの速いペースでの景況拡大を示したことが好感され、ドルは朝方に上昇した後、伸び悩んだ。市場では4日に発表される連邦公開市場委員会(FOMC)議事録と6日発表の12月の米雇用統計に注目が集まっている。

  シリコン・バレー・バンク(カリフォルニア州サンタクララ)の上級為替トレーダー、ミン・トラン氏は「力強い米経済指標で年が明けた。それがドルを押し上げている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.5%上昇して1ユーロ=1.0405ドル。一時は2003年1月以来の高値となる1.0341ドルまで上昇した。ドルは対円で0.2%上昇して1ドル=117円75銭。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.8%上昇。主要16通貨の中では特にメキシコ・ペソと南アフリカ・ランドに対して大きく値上がりした。

  米供給管理協会(ISM)が発表した12月の製造業総合景況指数は54.7と、4カ月連続で上昇した。

  ゴールドマン・サックス・グループやドイツ銀行、BNPパリバ、野村ホールディングスはドルがユーロに対して年内に等価に上昇するとみている。HSBCホールディングスはドルの上げが下半期には消失すると予想している。

  トロント・ドミニオン銀行の北米為替戦略責任者、マーク・マコーミック氏は「今のドルを押し上げている材料は非常に明確だ。欧米の成長や政策見通しによって加速する金利スプレッドの広がりだ」と述べた。

原題:Dollar Advances to 14-Year High as U.S. Data Spur Confidence(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE