携帯電話用の半導体で最大手の米クアルコムは、ソフトバンクグループが年内の運用開始を予定する1000億ドル(約11兆7000億円)規模のテクノロジーファンドに出資すると、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

  WSJが事情に詳しい複数の関係者の話として伝えたところによれば、クアルコムの具体的な出資額は不明。WSJは関係者の名前は明示していない。このテクノロジーファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」をめぐっては、アップルが最大10億ドルの出資を検討していると別の関係者らが先に明らかにしていた。

  WSJによれば、ビジョン・ファンドは目標としていた1000億ドルの資金を調達し、数週間以内に正式に運用を開始する見通し。    

原題:Qualcomm to Invest in SoftBank’s New Technology Fund, WSJ Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE