米ウォルト・ディズニーのSF映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は年末年始も好調な興行成績が続いた。元旦にかけての週末で6430万ドル(約76億円)稼ぎ出し、北米で3週連続の首位となった。

  調査会社コムスコアが2日に電子メールで配布した資料によれば、コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズのアニメ映画「SING/シング」が興行収入5640万ドルで2位、ソニーのSF冒険映画「パッセンジャーズ」が2070万ドルで3位。この週末に大々的に公開された新作映画はなかった。

  「ローグ・ワン」は1977年に公開されたスター・ウォーズシリーズ第1作「エピソード4/新たなる希望」の直前という設定で製作されたスピンオフ作で、コムスコアは1日までの全世界興行収入が7億7490万ドルに上ったとみている。

原題:‘Rogue One’ Takes in $64.3 Million for Disney Over Weekend (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE