オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は3日、上海農商銀行の株式20%を18億4000万豪ドル(約1600億円)で売却することで合意したと発表した。ANZでは拡大してきたアジア事業が利益を圧迫しているため、シェイン・エリオット最高経営責任者(CEO)の下で同事業の縮小に動いている。

  ANZの発表資料によると、中国遠洋海運集団とシャンハイ・サイノ・ポーランド・エンタープライズ・マネジメント・デベロップメントがそれぞれ株式10%を買い取る。2015年の年次報告書によれば、ANZの持ち分の価値は20億豪ドルだった。

  グレアム・ホッジズ副CEOは今回の株式売却について、「ビジネスを簡素化し資本効率を改善させる戦略を反映したものだ」と説明。これによってアジアの法人向け事業に経営資源を集中させることが可能になるとした。同行によると、株式売却でティア1自己資本比率は40ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)押し上げられる。

原題:ANZ Sells Shanghai Bank Stake in Unwinding of Asia Expansion (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE