中国の製造業とサービス業は、比較的堅調なトーンで2016年を終えた。政策当局者が17年も経済改革を推し進めることができるほど成長は十分に強いことが示唆された。

  国家統計局が1日発表した12月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.4。11月の51.7から低下したものの、12年以来の高水準付近を維持した。同時に発表された12月の非製造業PMIは54.5で、2年ぶり高水準だった11月の54.7を下回った。PMIは50を上回ると活動の拡大を表す。製造業の投入価格指数は69.6と、5年ぶりの高水準となった。

  UBSウェルス・マネジメントの英投資オフィス責任者、ジェフリー・ユー氏 (ロンドン在勤)は「活動レベルが年末にかけて強含んだことは明白だ。現在、流動性や規制、為替レートなどミクロレベルの問題ほど、安定性は大きな課題とはなっていない」と指摘した。

  財新伝媒とマークイット・エコノミクスが3日に別途発表した12月の中国製造業PMIは51.9に上昇し、13年1月以来の高水準となった。ブルームバーグが集計したエコノミスト予想の50.9を上回った。

原題:China’s Factories, Services Cap Year of Gains as Prices Rise (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE