韓国環境省は2日、日産自動車とBMW、フォルクスワーゲン(VW)傘下のポルシェの計10車種の認証を取り消したと発表した。調査の結果、排出テストに関連する書類の偽造が判明したためと説明した。

  同省の発表資料によると、3社は計71億7000万ウォン(約6億9800万円)の課徴金支払いを命じられた。認証取り消しの対象は4523台。10車種のうち現在も販売されているのは6車種。

  環境省はさらに、日産の韓国法人が認証書類を偽造したとして2日に同社を刑事告発したことも明らかにした。同省は昨年5月、日産のディーゼル車「キャシュカイ」が認められている量を超える窒素酸化物(NOx)を排出していたとして課徴金を科していた。

  日産の広報担当者は当局と緊密に協力するとコメント。BMW関係者は認証の再取得に取り組むとした。ソウルにあるポルシェ韓国法人の事務所に電話取材を試みたが、返答はなかった。

原題:South Korea Halts Some Nissan, BMW Sales in Emissions Probe (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE