社債市場、金利先高観で駆け込み起債も、スプレッド拡大に期待

更新日時
  • 16年の国内社債発行額は11兆6939億円-12年以降で最大を記録
  • 投資家は金利変動リスクに応じたプレミアム求める-フコクしんらい

2017年の国内社債市場は、昨年から一部で始まった金利先高観からの駆け込み発行が主導する幕開けとなり、投資家にとっては金利妙味も期待できそうだ。年間の市場規模は歴史的な低金利の環境下で発行が相次いだ16年と同程度の10兆ー11兆円になるとの見方がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。