韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車は、今年の合計販売台数の目標を前年比4.7%増に設定した。世界的に不透明感が高まり、競争が激化する中で、新モデル導入で押し上げを図る。

  両社が当局に届け出た資料によると、2017年の販売目標は計825万台。現代自が508万台、起亜が317万台としている。昨年の実績は計788万台だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト5人の予想平均で17年の目標値は計824万台が見込まれていた。

  両社はスポーツ型多目的車(SUV)の新モデルや、中国、メキシコ新工場での増産などで目標達成を目指す。

原題:Hyundai, Kia Forecast Sales to Rebound on Capacity, Models (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE