マカオの昨年12月のカジノ収入は5カ月連続で増加した。カジノ以外の観光施設を設置するなどの取り組みを進めてきたことが功を奏し、中国本土外からの観光客が増えた。

  マカオのカジノ監察協調局が1日発表した12月のカジノ収入は前年同月比8%増の198億パタカ(約2900億円)。11月は同14.4%増だった。

  2016年通年では3.3%減の2232億パタカで、15年の34.3%減に比べてマイナス幅が縮小した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想では、17年は7%増が見込まれている。
  
原題:Macau Gaming Revenue Extends Recovery to Rise 8% in December(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE