中国の製造業活動を測る政府の指標は昨年12月も引き続き安定し、2012年以来の高水準付近を維持した。16年は年間を通して着実な改善傾向を示したことになり、当局が堅調な経済成長を維持しながら金融リスクを抑制する余地が広がったことが示唆された。

  国家統計局が1日発表した12月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.4。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は51.5、11月実績は51.7だった。同時に発表された12月の非製造業PMIは54.5、11月は54.7だった。PMIは50を上回ると活動の拡大を表す。

  12月は製造業、非製造業共に投入価格指数の上昇が目立った。製造業は69.6と5年ぶりの高水準、非製造業は56.2と3年ぶりの高水準となった。

  スタンダードチャータードの中国担当チーフエコノミスト、丁爽氏(香港在勤)は「外需改善と人民元安がビジネスを支えている。今回のPMIで2016年10-12月(第4四半期)の方がその前の数カ月より伸びが力強かったことが示唆された」と指摘した。

  統計局は発表資料で、今回のPMIは市場の需要改善や新年を控えての消費の活発さを示すと分析した。

原題:China Factory Gauge Steadies Near Post-2012 High as Prices Jump(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE