中国は6.5%の成長目標を放棄へ、2018年までに-ソシエテGが予想

  • 「恣意的な成長目標を維持することの害はかなり明白」と姚煒氏
  • 必要な構造調整の障害であり、債務リスク急上昇の原因だと指摘

中国指導部が資産バブルと金融レバレッジの抑制を推し進める中で、当局は向こう2年のいずれかの時期に6.5%の経済成長率目標を放棄する見通しだ。ソシエテ・ジェネラルがこうした見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。