16年TOPIX5年ぶり反落、円高や海外経済警戒-前半安回復できず

  • 海外勢が春先まで大量に売る
  • 米大統領選後は急速に戻す、日経平均は小幅ながら5年連続高

2016年の日本株はTOPIXが5年ぶりに前年比マイナスとなった。中国の人民元安や英国の欧州連合(EU)離脱による海外経済への懸念から年前半に円高が進み、海外投資家の売りが広がった。ただ、年後半の上昇要因となったトランプ米次期大統領の政策への期待感は強く、来年は上昇するとの見方が多い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。