米携帯電話サービス大手スプリントが示した5000人の雇用を創出する、もしくは米国に戻すとの方針について、トランプ次期米大統領は自らの功績であると主張した。スプリントはこの5000人について、親会社ソフトバンク・グループが既に発表した米国での雇用計画の一部だと説明している。

  トランプ氏はソフトバンクの孫正義社長もスプリントによる雇用に関わっていると述べた。トランプ氏が「マサ」と呼ぶ孫社長は今月、米国に500億ドル(約5兆8300億円)を投資し5万人の雇用を創出する意向を明らかにした。

  トランプ氏は28日にフロリダ州で記者団に対し、「スプリントの幹部から電話があり、5000人の雇用を米国に戻すと伝えられた」とした上で、「マサや他の人々がこの件に非常に大きく関わった」と加えた。

  スプリントは5000人の雇用に関し、孫社長が約束した5万人の雇用創出の一部だが、そのための資金はソフトバンクではなくスプリントが負担すると説明した。

  トランプ氏は雇用は既に発表済みだとの見方に反論。記者団に対し、「スプリントのトップとちょうど話をしたところだ。私がいるから米国で5000人の雇用を創出するのだと、そのトップは語った」と言明。その上で、詳細は報道官のホープ・ヒックス氏に尋ねるよう話した。ヒックス氏にはコメントを求めて連絡を取ったが、これまでのところ返答はない。スプリントからも追加の質問に対して返答を得られていない。

  トランプ氏はまた、衛星通信事業を手掛ける米ベンチャーで、ソフトバンクが出資するワンウェブがフロリダ州で向こう4年間に3000人規模の新たな雇用を生み出すとの発表を繰り返した。

  ワンウェブの創設者グレッグ・ワイラー氏はインタビューで、「マサはトランプ氏との会談を受けて、ワンウェブへの投資を増やし成長を加速させようという意欲を高めた」と述べた。米労働省によれば、非農業部門雇用者数は9、10、11月に1カ月当たり平均で17万6000人増加した。

原題:Trump Seeks Credit for 5,000 Sprint Jobs Already Touted (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE