米政府が対ロ制裁、サイバー攻撃による大統領選干渉への対抗措置

更新日時
  • オバマ政権がロシア情報機関に対する制裁、情報部員追放を発表
  • 米情報当局者と来週会合-トランプ氏が短い声明

オバマ政権は29日、2016年の米大統領選への干渉を狙ったサイバー攻撃への対抗措置として、ロシアに対する制裁を発動した。ロシアの情報機関やその関係者が対象で、米国から情報部員35人を追放する。ロシアがハッキングに関与した証拠を盛り込んだ報告書も公表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。