欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル下落、116円台-米国債利回り低下で

  29日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが一時、週初来の安値に下落。その後も軟調な展開が続いた。7年債入札(発行額280億ドル)の順調な結果を受けて米国債利回りが下げを拡大したことが手掛かり。為替市場はこの日も全般的に薄商いとなった。

  ドルは前日も、5年債入札の好調を受けた米国債利回りの低下を手掛かりに伸び悩む展開となっていた。この日の米国債市場では、月末のリバランスに伴う買いが入ったこともあり利回りが低下。10年債利回りは一時2.46%を下回った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対し前日比0.6%安の1ドル=116円54銭。対ユーロでは0.7%下げて1ユーロ=1.0490ドル。

  朝方発表された経済指標では、24日終了週の新規失業保険申請件数は前週比1万件減の26万5000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値に一致した。また11月の卸売在庫は前月比0.9%増、市場予想は0.2%増だった。

  中国は人民元の為替レートで重視する貿易加重の通貨バスケットについて、ドルの構成比率を引き下げるとともに、11通貨を追加した。ロンドンのトレーダーによれば、この発表はこの日のドル相場にはほとんど影響しなかった。
原題:Dollar Drops to Weekly Low as Dip in Treasury Yields Adds Weight(抜粋)

◎米国株:小安い、年末控えた薄商い-公益事業株が高い

  29日の米国株式市場では年末を控えた薄商いの中で、主要株価指数はわずかに下げて引けた。米週間新規失業保険申請件数は減少。過去4週間で3週目のマイナスとなった。公益事業株に買いが入る一報、金融株は下げた。

  S&P500種株価指数は0.66ポイント(0.1%未満)下げて2249.26。ダウ工業株30種平均は13.90ドル(0.1%未満)安い19819.78ドルで終了。

  テミス・トレーディングのマネジングディレクター兼株式トレーダー、マーク・ケプナー氏は「大統領選挙の後はとにかく米経済成長が話題の中心だ。世界のどこに目を向けても経済成長は見当たらない」と指摘。「すべては期待感に基づいており、これが実現するまで時間がかかるか、あるいは実現しない場合、市場はかなりの調整が必要になるだろう」と述べた。

  この5営業日は、配当性の高い銘柄が堅調を続け、この日は公益事業株の指数が1.3%高。月初来では5.2%値上がりしている。不動産株はこの日0.9%上昇。一方、金融とテクノロジーはそれぞれ0.7%、0.1%の下げ。

  米労働省の発表によると、24日終了週の失業保険申請件数は前週比1万件減の26万5000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予 想中央値に一致した。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は11月初め以降で最長の5営業日連続上昇。この日は3.2%上げた。

  S&P500種は年初からは10%の値上がり。  
原題:U.S. Index Futures Little Changed With Jobless Claims in Focus(抜粋)
原題:Dollar Retreats With U.S. Stocks as Gold Gains: Markets Wrap(抜粋)
原題:This Time, Bounce in U.S. Stocks Goes Unmatched in Rest of World(抜粋)

◎米国債:続伸、7年債入札で強い需要-直接入札者の割合が拡大

  29日の米国債は続伸。午後に入って実施された7年債入札(280億ドル)では旺盛な需要があった。入札後に10年債利回りは一時5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 低下し、連邦公開市場委員会(FOMC)が声明を発表した14日以来の低水準となる2.459%をつけた。

  入札結果によると、7年債入札の最高落札利回りは2.284%と、2014年4月以来の高水準。ただストーン・アンド・マッカーシーによると、応札締め切り直前の水準を2bp超下回った。プライマリー ディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接入札者の落札全体に占める割合は19%と、2014年8月以来の高水準。海外の中央銀行を含む間接入札者の割合は64%だった。プライマリーディーラーの割合は17%と、1月以来の低水準にとどまった。

  MUFGセキュリティーズ・アメリカの米国債トレーディング責任者、トーマス・ロス氏(ニューヨーク在勤)は入札が好調となった理由として、「積み上がった需要や月末の買い、さらに年末を控えて株から債券へのリバランスの流れ」を挙げた。

  ニューヨーク午後5時現在、10年債利回りは3bp下げて2.48%となっている。

  年内最後の商いとなる30日は米証券業金融市場協会(SIFMA)の勧告に基づき午後2時までの短縮取引となる。

  5年債と30年債の利回り差は入札後に拡大した。今週は主に四半期のポートフォリオリバランスや月末の指数延長で利回り差のフラット化が予想されていた。

  この日の10年債利回りは米国だけでなく、ニュージーランドやオーストラリア、英国など先進国市場の大半で低下した。

  朝方発表された米週間新規失業保険申請件数によると、24日終了週の申請件数は前週比1万件減の26万5000件、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値に一致した。前週は6カ月ぶりの高水準だった。
原題:Treasuries Extend Gains After Strong Demand for 7-Year Auction(抜粋)

◎NY金:続伸、8週間ぶりの大幅上昇-ドル下落で

  29日のニューヨーク金先物相場は続伸し、ほぼ2カ月ぶりの大幅高となった。ドルが今週に入って初めて下落したことが背景。
  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比1.5%高い1オンス=1158.10ドル。「ドルの弱さが若干みられる。過去12カ月間に金の購入を検討してきたのであれば、金はまさに割安だ」-オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業者、ジェームズ・コーディアー氏。

  銀は1.1%高の16.218ドル。プラチナはほぼ変わらずの902.40ドル。パラジウムは1.3%高の675.65ドル。
原題:Gold Caps Biggest Gain in Eight Weeks as Dollar Retreats (抜粋)

◎NY原油:9営業日ぶりに下落、米在庫が2週連続で増加

  29日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫が2週連続で増加したことが明らかになり、9営業日ぶりに下げた。

  エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「税務上の懸念からこの時期の製油所稼働率は高水準になるのだが、その状況で原油在庫の増加が可能だったという事実は市場にとって弱気だ」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比29セント(0.54%)安い1バレル=53.77ドルで終了。年初からは45%の値上がり。ロンドンICEの北海ブレント2月限は8セント下げて56.14ドル。
原題:Oil Falls First Time in Nine Days as U.S. Crude Supplies Climb(抜粋)

◎欧州株:反落、景気敏感株が安い-FTSE指数は最高値更新

  29日の欧州株式相場は反落。指標のストックス欧州600指数は1年ぶりの高値に迫っていたが、投資家の上値追いに消極的な姿勢が明らかになった。一方、英FTSE100指数は過去最高値を再び更新した。

  ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の360.26で終了。この日の出来高は30日平均の半分にも満たなかった。銀行や自動車、鉱山会社など10月以降に大きく上げた景気敏感株がこの日は売られた。それでも英国のFTSE100指数は0.2%上昇し、逆行高した。

  アクセンド・マーケッツの調査部門責任者、マイク・ファンデュルケン氏はリポートで、「この日の株式は押され気味だった」とし、投資家らは「利益を確定し、リスクをやや取り除いた」と指摘した。

  西欧の主要株価指数の中ではFTSE100指数の年初来上昇率が大きく、14%上げた。ドイツのDAX指数は6.6%、フランスのCAC40指数は4.3%それぞれ値上がりした。

  一方、ストックス600指数は今年、依然として1.5%下げている。ブルームバーグがまとめたストラテジスト9人の調査平均値では、ストックス600指数の2017年末は366が見込まれている。これは29日終値を1.6%上回る水準。
原題:European Equity Gains Lose Momentum With 2016 Drawing to a Close(抜粋)

◎欧州債:英国債が大幅上昇、ドイツ国債も上げる

  29日の欧州債相場は総じて上昇し、英国債が大きく上げる展開となった。

  英10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.23%。同年限のドイツ国債利回りは1bp下げ0.18%となった。
原題:Dollar Retreats With U.S. Stocks as Gold Rebounds: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE