商品相場は昨年までの低迷状態から回復。エネルギーのほか、亜鉛や銅など金属の価格上昇を受け、商品相場は30日、年間ベースで2010年以来の上昇を示す見通しだ。ただ、サクソ銀行の商品戦略責任者、オーレ・ハンセン氏は「工業用金属と原油価格に多くのプラス材料が既に織り込まれていることを考えると、来年は厳しい年になるだろう」と予想。「2017年の商品相場の行方は中国の経済成長軌道のほか、世界貿易に打撃を与えることなく自らの成長計画を実行するためのトランプ次期米大統領の手腕、ドル相場の動向、そしてとりわけ、石油輸出国機構(OPEC)による減産計画の履行能力にかかっている」と述べた。

原題:Commodities Snap Five-Year Losing Run as Oil, Metals Rise: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE