日銀:現在の金利水準「相当期間」継続求める声も-12月会合主な意見

  • 別の委員も「息長く現在の金融政策を継続するべきである」
  • 長期金利目標の「アローアンス」は上方向に広めにとの意見も

日本銀行が公表した12月19、20日の金融政策決定会合の「主な意見」によると、過去の経験を踏まえ、現在の金利水準で長短金利操作付き量的・質的金融緩和を「相当の期間」続けるべきだとの声が出た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。