タカタ株がストップ高-米当局が最大10億ドルを科す可能性の報道

エアバッグ問題を抱えるタカタの株価が5週間ぶりの上昇率となっている。米国でエアバッグ問題をめぐる刑事捜査の嫌疑について、タカタと司法当局が和解に近づいていると、米ウォールストリートジャーナル(WSJ)紙が事情に詳しい関係者の話として報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。