一石二鳥狙う「プレミアムフライデー」-個人消費拡大と働き方改革

  • 1日当たりの効果約1240億円との試算も-全社参加難しく効果限定的
  • 個人消費停滞の背景に鈍い賃金の伸び-有休の積極取得で押し上げも

政府が経済界とタッグを組み、来年2月24日から「プレミアムフライデー」を実施する。毎月末の金曜日に仕事を早めに切り上げ、買い物や食事、小旅行を楽しんでもらうことで、停滞する個人消費の拡大とともに、長時間労働を是正し、働き方改革につなげることが狙いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。