米国務長官:イスラエル首相の入植拡大方針、中東和平危うくする

更新日時
  • ケリー長官発言は「バランス取れていない」とネタニヤフ首相
  • トランプ次期大統領はネタニヤフ政権を強く支持

ケリー米国務長官は中東和平の可能性はますます危うくなっていると指摘した。ネタニヤフ首相率いるイスラエル政府がヨルダン川西岸への入植拡大を支持し、紛争解決に向け「二国家共存策」を生み出すとする同国とパレスチナが表明した目標に反していることが背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。