中国は台北にある事実上の日本大使館である「交流協会」の名称に「台湾」を加えるとする日本の決定を批判した。台湾をめぐっては中国と米国の間で最近論争が起きたばかりであり、日本を加えて新たな緊張が高まる可能性がある。

  日本は28日、「交流協会」の名称は来年から「日本台湾交流協会」に変更されるとウェブサイトで発表。同協会は「引き続き日本と台湾の架け橋としての役割を果たし、関係をさらに進展させる決意だ」としている。

  中国外務省の華春瑩報道官は定例記者会見で、「台湾問題に関する日本のネガティブな行動に対する強い不満」を表明。中国外務省はウェブサイトで日本に対し、「『一つの中国』の原則を堅持するとともに、台湾に関連した問題に適切に対処し、台湾の政権や国際社会に誤ったシグナルを送ったり日中関係に新たな混乱を来すことを慎むよう促したい」との声明を掲載した。

原題:China Tells Japan It’s Unhappy With Name Change of Taipei Office(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE