中国は商業衛星打ち上げの財源を補うため、海外投資家を含む民間投資家を自国の航空宇宙計画に呼び込むことを目指す。

  国家航天局の呉艶華副局長は27日の北京での記者会見で、商業ロケット開発や衛星研究・製造、航空宇宙技術の公共の福祉への応用の面で投資を歓迎すると述べた。2030年までに宇宙大国として世界上位3位までに入るとの目標も示した。

  同副局長は「開発を60年続けてきたが、中国の航空宇宙計画を技術的に発展させ、経済と社会に恩恵をもたらすのに政府投資だけでは十分でない」と説明。中国の航空宇宙分野の研究・製造・サービスへの民間投資に対する制限は現在、外国資本を含めて少なくなっていると述べた。

  国務院新聞弁公室が同日公表した航空宇宙に関する白書で、中国は衛星通信・放送システムの商業化を目標に掲げた。

  白書は民間投資の目標や時間枠には触れていない。

原題:China Invites Investors, Including Foreigners, Into Space Effort(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE