中国経済は10-12月(第4四半期)に全産業にわたって改善を見せた。CBBインターナショナルの最新のチャイナ・ベージュブックが示した。

  チャイナ・ベージュブックは米連邦準備制度の地区連銀経済報告(ベージュブック)をモデルにCBBが発表している。国内の3300社余りと160のバンカーを対象に調査を実施した。それによると、売上高と利益、雇用、設備投資は7-9月(第3四半期)から改善。新規受注も安定していた。CBBはさらに、企業のキャッシュフローの悪化が引き続き向こう1年間のリスクとなると指摘した。

  CBBのリランド・ミラー社長とチーフエコノミストのデレック・シザーズ氏はリポートで、「成長のメトリクスは事実上、全面的に改善が進んだ。前年比での改善は劇的だった」と指摘した。

  CBBによると、10-12月に賃金は伸び、51%の企業が賃金を引き上げ、3%は引き下げたと回答した。採用も継続している。

  小売業は前期比での売上高と利益の改善で他の業種をリードしたが、設備投資では他業種に後れを取り、小売業者が回復の持続性を疑問視していることを示唆した。サービス業は力強さを増し、価格決定面で改善が見られた。不動産収入の伸びが上向き、不動産・建設業では運輸関連の建設がけん引した。

  銀行借り入れは前期比で減ったものの、前年同期比では堅調さを維持した。銀行の借り入れコストが大きく増加した一方、「影の銀行」では低下した。借り入れの利用可能性は縮小した。

原題:China Beige Book Shows Broad Improvement Across All Industries(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE