クリスマスの祝日から明けた27日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが円などに対して上昇。米国債利回りの上昇が材料視された。この日実施された2年債入札(発行額260億ドル)では最高落札利回りが1.280%と、2008年以来の高水準となった。

  薄商いのレンジ取引となる中、ドルは特に円やカナダ・ドルに対して値上がり。ただユーロに対しては上げを失う展開。新興国通貨は高安まちまちとなっている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前営業日比0.3%高の1ドル=117円43銭。ドルはユーロに対してはほぼ変わらずの1ユーロ=1.0457ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。

ドルと円紙幣
ドルと円紙幣
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  この日発表された米経済指標は明るい内容だったが、為替市場では特に大きな材料にはならなかった。米民間調査機関コンファレンスボードが発表した12月の米消費者信頼感指数は113.7と、前月の109.4(速報値107.1)から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は109だった。

  またS&P・コアロジック/ケース・シラーが発表した10月の米主要20都市の住宅価格指数は前年比5.1%上昇。全米ベースの価格指数は前年比5.6%上昇して185.06と、統計開始以降で最高となった。また上昇率は14年7月以来で最大。

原題:Dollar Rises as U.S. Trading Resumes, Treasury Yields Support(抜粋)
原題:Home Prices in 20 U.S. Cities Increased 5.1% in October(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE