大型M&A(企業の買収・合併)を手掛けるニューヨークの複数の法律事務所のサーバーに中国人ハッカー3人が侵入し、重要案件の情報を利用して400万ドル(約4億7000万円)余りの利益を不正に得たと、米当局が発表した。当局によれば、この3人のうち1人は逮捕された。

  米当局の27日発表によるとハッカーらは弁護士の電子メールアカウントに侵入し、複数の発表前の案件に関する情報を盗み出し、少なくとも5社の株式を購入した。

  マンハッタン連邦地検のプリート・バララ検事正は「今回のようなサイバー攻撃に基づく証券詐欺は、世界中の法律事務所への警鐘となろう」と記した。

  当局によれば、今回のハッキングでは製薬会社インターミューンや半導体メーカーのインテル、郵便関連システム製造・販売のピツニーボウズなどの案件情報が含まれていた。

原題:Chinese Hackers Charged With Trading on Stolen Law Firm Data (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE