欧州中央銀行(ECB)はドイツ銀行が2017年に達成しなくてはならない資本基準を引き下げた。ECBが資本基準を設定する手法の変更で、欧州の大手銀行の財務運営が有利になるケースが増えた。

  ECBの検証・評価プロセス(SREP)に基づくドイツ銀行の普通株式等Tier1(CET1)自己資本比率は、来年の最低基準が9.51%に定められた。同行が27日に発表した。現在の最低基準は10.76%。同行が最後に報告したCET1比率は12.58%だった。

  ドイツ銀行は先週、住宅ローン担保証券の販売をめぐる米司法省の調査について、72億ドル(約8500億円)を支払うことで決着。今回の資本基準の緩和は同行に対する不安をさらに和らげる可能性がある。

原題:Deutsche Bank 2017 Capital Requirements Lowered in ECB Review(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE