菅義偉官房長官は27日の記者会見で、人気アイドルグループSMAPの年内解散について質問に答え、今後のメンバーひとりひとりの活躍に期待を示すとともに、いずれメンバーがまた一緒に活躍することをファンは期待していると述べた。

  SMAPは31日での解散をすでに発表しており、26日夜はメンバーが揃って出演するテレビ番組「SMAPxSMAP」が最終回を迎え、グループとしての活動を終えた。

解散発表時の記事はこちらをクリック

  菅氏は「多くのヒット曲を生み出すと共に、テレビの中では大きな存在だった」とした上で、「極めて残念」と発言。「国民的アイドルグループ」としての活動終了を惜しむ一方、解散後については「それぞれ特別なオンリーワンとして、ファンの皆さんが夢と希望をもらえるよう活躍してほしい」と、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」を引用してエールを送った。

  さらに「またいつの日か一緒になってテレビで活躍することをファンの皆さんは期待しているのではないか」とも述べた。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE