モディ印首相のオウンゴールで改革に痛手、2017年の見通しに暗雲

  • 改革は長期的に恩恵もたらすが短期的にはリスク-S&Pグローバル
  • 高額紙幣廃止は企業景況感に打撃、投資を抑制も

インドは2016年初めに世界の主要経済で最も速いペースでの成長を誇ったが、年末には著しい減速に見舞われ、モディ首相の最大の改革ともてはやされた統合市場の創出が遅れている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。