ケリー米国務長官は来年1月20日のトランプ新大統領就任式までに、イスラエルとパレスチナの和平に向けた自身の構想を示す予定だ。オバマ大統領の副補佐官が明らかにした。

  オバマ政権のローズ大統領副補佐官(戦略広報担当)はイスラエルの民放チャンネル2とのインタビューで、イスラエルの入植活動を非難する国連安全保障理事会決議の採決を棄権した後、米国は何らかのイニシアチブを計画しているかとの質問に、ケリー長官のスピーチが準備されていると答えた。

  ローズ副補佐官は「新たなイニシアチブとは言えないだろうが、ケリー長官がスピーチで、この争いを解決する包括的構想を示すだろう」と語った。

原題:Kerry Plans to Present Vision for an Israeli-Palestinian Accord(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE