27日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

  東芝(6502):前日比12%安の391.6円。米国の原子力発電関連事業に絡み2017年3月期決算で数千億円規模の損失を計上する見通しになったとNHKが報道。精査の状況によっては損失が5000億円規模になる恐れがあるという。会社側は、1000億円単位ののれんの計上や減損テストを検討しているとのコメントを発表した。ゴールドマン・サックス証券では、報道が事実ならば、開示姿勢に対する信頼は再び後退する可能性があるとした。 

  小野薬品工業(4528):5.8%高の2594.5円。同社の相良暁社長ががん免疫薬「オプジーボ」を17年度中に胃がん治療向けでも販売する意向を示したと27日付の日本経済新聞朝刊が報道。胃がんは肺がん、大腸がんに次ぎ死亡者数の多いがんだといい、同薬の売り上げ拡大などが期待された。

  しまむら(8227):2.5%高の1万4520円。3-11月期営業利益は前年同期比28%増の396億円と26日に発表。主力のしまむら事業で改装効果が表れたほか、裏地あったかパンツなど新しい使用価値の販売提案などが寄与した。SMBC日興証券では粗利益率改善が継続した点はポジティブと評価した。

  ペプチドリーム(4587):3.8%高の5790円。スイスの製薬大手ノバルティスと実施している創薬共同研究開発プロジェクトでマイルストーンフィーを受領することになったと26日に発表。見いだされた特殊環状ペプチドが設定条件を満たした。野村証券では同ペプチドは臨床試験候補化合物に近い段階とみて、今後1年以内での第1相移行に期待するとした。

  レンゴー(3941):3.1%安の647円。野村証券は26日付で投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を780円から720円に引き下げた。11月以降の急激な円安でコスト増加が見込まれるとし、18年3月期営業利益予想を262億円から240億円に下方修正した。

  クックパッド(2193):3.9%安の1064円。野村証券は26日付で目標株価を1550円から1020円に引き下げた。連結子会社だったみんなのウェディング(3685)が持ち分法適用会社になることを受け、業績予想をアップデートした。従来は25倍としていた目標株価算出の適用株価収益率(PER)を20倍に変更、エンジニアの採用強化に伴う費用増で17年12月期は前期比1%の営業減益が予想されることを考慮したという。

  アスクル(2678):2.2%安の4200円。10月から実施していた自社株買いを終了したと26日に発表。株価の下支え要因が消失したとみられた。

  シャープ(6753):3.8%高の247円。10-12月期の最終損益が黒字化する見通しになったとNHKが27日に報道。不振が続いていた北米液晶テレビ事業の撤退や台湾・鴻海精密工業と連携してコスト削減を進めたことが黒字化の主な要因という。ブルームバーグによるアナリスト4人の10-12月期純損益予想の平均は37億円の黒字だった。
 
  横浜ゴム(5101):2.6%高の2195円。SMBC日興証券は26日付で目標株価を1650円から2200円に引き上げた。足元の円安傾向を受け為替デメリットが縮小すると見込んだほか、新連結会社ATG買収関連費用も同社想定からは少額にとどまると予想、16年12月期営業利益予想を400億円から420億円に上方修正した。会社計画は380億円。

  東ソー(4042):1.1%高の845円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は26日付で目標株価を730円から940円に引き上げた。投資判断は「オーバーウエ-ト」で継続。株価は18年3月期以降の機能商品の増強による利益成長を完全には織り込んでいないと分析した。17年3月期営業利益予想を710億円から890億円に(会社計画850億円)、来期を730億円から940億円に上方修正。

  豆蔵ホールディングス(3756):5.1%高の989円。データ統合ツールの開発や販売を行うアグラ(東京都新宿区)を完全子会社化すると26日に発表。アグラの子会社化でビックデータ関連事業の付加価値向上、ライセンスビジネスの拡充を図る。

  大阪有機化学工業(4187):4.4%高の1000円。16年11月期営業利益は24億4100万円と従来計画を36%上回ったもようと26日に発表。原燃料費や減価償却費の減少が寄与した。期末配当も8円から13円に引き上げた。

  トリドールホールディングス(3397):3.9%高の2564円。英国ロンドンで人気のラーメン店「昇龍」を運営するSHORYU HOLDINGSに出資し、グループ化したと27日午前に発表した。現状の店舗数は英国8、日本1の計9。2023年末までに100店舗体制を築き英国株式市場での上場を目指す。

  象印マホービン(7965):1.4%高の1612円。26日に発表した16年11月期純利益は前の期比16%増の72億9900万円と最高益を更新、従来計画の67億円も上回った。海外生産品の原価低減やステンレスマホービンの採算改善などが寄与した。17年11月期純利益計画は前期比6.8%減の68億円。広告宣伝・販促費や償却費の負担が響く。配当予想は2円増配した前期と同じ22円。

  シグマ光機(7713):2.2%高の1017円。 6-11月期営業利益は4億4300万円と従来計画を38%上振れたもようと26日に発表。半導体や電子部品、フラットディスプレー業界向けやバイオ・医療業界向けの需要が堅調に推移したほか、研究開発・設備投資の一部先送りなど経費削減が寄与した。17年5月期計画も7億5000万円から7億8000万円に上方修正。前期比では減益率が5.1%から1.3%に縮小する見込み。

  東武住販(3297):4.3%高の1645円。6-11月期営業利益は3億1200万円と従来計画を33%上振れたもようと26日に発表。主力の自社不動産売買の売り上げが好調で、販売件数は190件と予想の175件を上回った。  

  窪田製薬ホールディングス(4596):8.4%高の1019円。SBIホールディングス(8473)と眼科領域での医薬品・医療機器開発の発案、資金調達などを行う合弁会社設立で基本合意。最初のプロジェクトはスマートフォンなどの可搬型通信端末をモニタリングなどに使うモバイルヘルス関連の製品開発を予定する。

  アトラ(6029):12%安の732円。16年12月期営業利益計画を5億1200万円から2億7500万円に46%下方修正すると26日に発表。鍼灸接骨院チェーンの加盟契約が計画を下回るほか、鍼灸接骨院の基幹システムの研究開発に要する費用や広告宣伝費が想定を超えることが響く。 

  ティビィシィ・スキヤツト(3974):東証ジャスダック市場に新規上場した。美容サロン向けのITソリューション事業や中小企業向けビジネスサポートを手掛ける。公開価格の1400円に対し2.3倍の3220円買い気配で取引を終えた。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE