トルコは約6年に及ぶシリアの内戦終結への第1段階として、同国全土での停戦を目指す和平交渉をロシアやイランと共に組織するための準備に向け、シリア政府と反政府勢力との接触を促していく考えを表明した。

  エルドアン・トルコ大統領のカリン報道官は26日のアンカラでの記者会見で、「現代で最悪の流血となっている戦争を停止する方法を見いだす必要がある。当初の目的は停戦合意にこぎつけてこれをシリアの全てで組織的に実施することであり、最終的な目的は政治的な移行プロセスに到達することだ」と述べた。

  ロシアとトルコ、イランは先週モスクワで、シリア内戦の停戦とカザフスタンの首都アスタナでの和平交渉の実現に向け、米国を除いた3カ国でアプローチすることで合意した。カリン報道官によると、アスタナでの和平交渉の日取りや参加者はまだ決まっていない。

原題:Turkey Pledges to Work for Syria Cease-Fire in Mediator Role (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE