米ハワイを訪問している安倍晋三首相は27日(日本時間28日朝)、太平洋戦争の開戦地である真珠湾をオバマ米大統領とともに訪れ演説し、「戦後、不戦の誓いを堅持してきた」として、「この不動の方針をこれからも貫く」と述べた。

  安倍首相は「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない」「ひたすら不戦の誓いを堅持してきた」と語った。また真珠湾を含めた太平洋戦争の犠牲者に永遠の哀悼の誠をささげ、日本が戦後再び国際社会へ復帰する道を開いてくれた米国の寛容に感謝するとも話した。

  さらに日米は「寛容の大切さと和解の力を世界に向かって訴え続けていく任務を帯びている」と述べ、「パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを私は願う」として演説を終えた。NHKが中継した。

安倍氏とオバマ氏、アリゾナ記念館で献花
安倍氏とオバマ氏、アリゾナ記念館で献花
Photographer: Carolyn Kaster/AP Images

  続いて演説したオバマ大統領は、「平和の果実は戦争による略奪に常に勝る」と述べ、「憎しみの炎が最も激しいときでさえ、また集団間の争いが最も根強いときでさえ、内向きへの力に抵抗しなければならないことをわれわれは忘れない。異なる人々を悪の根源のように扱おうとする力に抵抗しなければならない」と語った。

アリゾナ記念館で献花

   安倍首相は米太平洋軍基地でオバマ氏と最後の首脳会談をした後に真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの上に建設されたアリゾナ記念館を訪問、共に献花した。今年5月にはオバマ氏が現職大統領として初めて被爆地・広島を訪れ慰霊碑に献花。被爆者らを前に「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」と演説している。

  安倍首相は演説で旧日本軍の1941年の攻撃について謝罪はせず、オバマ氏も戦時中の原爆使用について広島で謝罪するまでには至らなかった。
  
   菅義偉官房長官は28日午前の会見で、両首脳は会談で「日米同盟を未来に向けてさらに強化していく」との認識で一致し、「トランプ政権が発足してもこの日米同盟は変わらない」と述べた。また今回の訪問は「戦没者の慰霊のためであり、謝罪のためではない」とも指摘した。

同盟強化

  米シンクタンク、センター・フォー・ナショナル・インタレストで防衛問題を研究するハリー・カジアニス氏はステートメントで、安倍首相の真珠湾訪問について「米国と日本の同盟強化に向けたより大局的な取り組みにおいて意味のある行動だ」と指摘。「本来なら一層深化したパートナーシップであるはずの両国関係に絶えず影を落としてきた過去の傷を癒やす価値のある努力として、明確に理解されるだろう」と述べた。
 
  現職首相の真珠湾訪問に関しては、菅官房長官が1956年に鳩山一郎元首相、翌57年には岸信介元首相が、真珠湾に面した当時の米国太平洋軍司令部を訪問したとの記録が残っていることを26日明らかにした。このほか51年には吉田茂元首相の訪問も確認されているという。菅長官によると、首相が米国大統領と共に真珠湾で慰霊を行うのは初めて。安倍首相は今回の真珠湾訪問を「私とオバマ大統領のこれまでの取り組みの集大成」と述べていた。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE