東芝、数千億円規模の減損の可能性-米原子力事業の資産めぐり

更新日時
  • 原発建設企業買収に絡み、のれんが膨らむ-全額減損も
  • 資本政策含めて対応を検討-綱川社長

経営再建中の東芝は27日、米原子力発電事業に関連してのれんが当初の想定額を大幅に上回る数千億円規模に上るとともに、減損テストを経てその一部または全額を減損する可能性があることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。