TOPIX小幅に4日続落、不動産や電機軟調-年末接近で売り優勢

更新日時
  • 海外休場で手掛かり材料欠く、視線は年明けの米経済統計に
  • 医薬品や銀行、ゴムなど堅調、日経平均は小反発

27日の東京株式相場は、TOPIXが小幅に4日続落。年末接近に伴う持ち高整理の売りに押され、不動産や建設株が下げ、電機など一部輸出株も安い。アナリストが円安で業績の先行きを懸念したパルプ・紙株も下落。

  TOPIXの終値は前日比1.92ポイント(0.1%)安の1536.22。日経平均株価は6円42銭(0.03%)高の1万9403円6銭と4営業日ぶりに小反発。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。