債券上昇、2年入札順調で買い優勢-超長期ゾーンは前日の反動買いも

更新日時
  • 先物3月物は1銭高の149円82銭で終了、一時149円85銭
  • 2年入札結果:最低価格は市場予想上回る、応札倍率は上昇

債券相場は上昇。年内最後となる2年利付国債の入札結果が順調となり、買いが優勢となった。前日軟調だった超長期ゾーンは需給環境の改善を背景に反動買いが入ったとの見方も出ていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。