中国が「琉球独立」求める団体関係者と交流-公安調査庁・回顧と展望

  • 世論形成し国内分断を図る狙い潜むと注意喚起-公安調査庁
  • 沖縄を「琉球」と呼ぶよう主張する「環球時報」論文にも言及

公安調査庁は2017年版「内外情勢の回顧と展望」の中で、中国の大学やシンクタンクが中心となって、沖縄で「琉球独立」を求める団体関係者などと学術交流を進め、関係を深めていると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。