任天堂の「マリオラン」、全ての国で売上高首位を明け渡す

  • ダウンロード数ではなお88カ国でトップ維持
  • 26日の株価は反発、一時4.8%高に

任天堂がスマートフォン向けゲーム「スーパーマリオラン」を世界150カ国・地域で配信開始して10日。多くの国でダウンロード数トップとなったが、24日現在、売上高トップの国はゼロとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。