大幅な医薬品値上げで批判を浴びた米製薬会社のトップだったマーティン・シュクレリ氏は23日、反発を受けることをもっと十分に考慮すべきだったとしながらも、世論の反感は大統領選のあおりを受け過度に増幅されたとの認識を示した。

  ターリング・ファーマシューティカルズの最高経営責任者(CEO)を務めていた同氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、値上げの目的は収入を増やすことであり、それが実際に起きたとして、「その点については満足している」と述べた。

シュクレリ氏
シュクレリ氏
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

  ターリングや、急性アレルギー反応の応急措置に使われる自己注射薬「エピペン」を手掛けるマイラン、カナダのバリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルといった医薬品メーカーは、競合相手不在の製品価格を高額に設定したことで反発を買い、米議会の公聴会で証言を求められた。上院の委員会は最近、政府に対し一部の医薬品メーカーが用いている「独占ビジネスモデル」をやめさせるよう求める報告書を公表。同報告書はターリングとシュクレリ氏にも言及した。

  元ヘッジファンドマネジャーでもあるシュクレリ氏(33)は、同じ事業戦略を再び講じるかとの問いに対し、「もちろんだ」と述べながらも、CEO時代に自らの行き過ぎたアプローチでターリングをリスクにさらしたことを認めた。また、「政府が多くの意味で報復の組織」であることに不満があるとも語った。ターリングにコメントを求めたが返答はない。

  シュクレリ氏はビジネスという世界で多くの支持者を得たとも説明。「資本主義においては、製品に対し可能な限り高い値段を付けようとするものだ」と話した。

原題:Martin Shkreli Says ‘Of Course’ He’d Raise Drug Price Again (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE